“臘梅”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ろうばい87.5%
らふばい12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“臘梅”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会科学 > 論文集・評論集・講演集5.9%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
新しい僕の家の庭には冬青もちかや木斛もっこく、かくれみの、臘梅ろうばい、八つ手、五葉の松などが植わっていた。
追憶 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
袖垣そでがきのところにある、枝ぶりのいい臘梅ろうばいの葉が今年ももう黄色くむしばんで来た。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
わが裏庭の垣のほとりに一株の臘梅らふばいあり。
臘梅 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
臘梅らふばいや雪うちかす枝のたけ
臘梅 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)