“臘梅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろうばい87.5%
らふばい12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今朝は臘梅の花がんでいるのに心づいて、侘助椿に活けかえようと思って行ったら、あの時と同じ所にあの鍵が落ちていた。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
売り払った懸物が気にかかるから、もう一遍見せて貰いに行ったら、四畳半の茶座敷にひっそりと懸かっていて、その前にはるような臘梅けてあったのだそうだ。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
わが裏庭の垣のほとりに一株の臘梅あり。ことしも筑波おろしの寒きに琥珀に似たる数朶の花をつづりぬ。こは本所なるわがにありしを田端に移し植ゑつるなり。
臘梅 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
臘梅や雪うちかす枝の
臘梅 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)