“臘梅”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
ろうばい85.7%
らふばい14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“臘梅”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
今朝は臘梅ろうばいの花がしぼんでいるのに心づいて、侘助椿わびすけつばきに活けかえようと思って行ったら、あの時と同じ所にあの鍵が落ちていた。
〔出典〕(新字新仮名)/谷崎潤一郎(著)
ことに樒の花は臘梅ろうばいもどきで、韵致いんちの高い花である。その花を見る僕の心は寂しくふるえている
〔出典〕新生(新字新仮名)/島崎藤村(著)
わが裏庭の垣のほとりに一株の臘梅らふばいあり。
〔出典〕臘梅(新字旧仮名)/芥川竜之介(著)