“臘月”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろうげつ70.0%
らふげつ30.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
するうちに季節は早くも臘月(十二月)のはじめ。この山東地方では月々八日の臘日には先祖の墓掃まいりをする風習がある。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
折ふし延宝二年臘月朔日の雪、繽紛として六美女の名にむが如く、長汀曲浦五里に亘る行路の絶勝は、須臾にして長聯銀屏と化して、虹汀が彩管ふかと疑はる。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
自らを愛づるこころに準らへてしら梅を嗅ぐ臘月の人
註釈与謝野寛全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
寒きは寒き臘月の——
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)