“草樹”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くさき75.0%
さうじゆ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大木の倒れたのでさきふさがったり、その間には草樹くさきの多いほど、毒虫もむらむらして
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
其處そこたづねまして、はじめて、故郷ふるさとまでとほくない、四五十里しごじふりだとふのがわかつて、それから、かんざしり、おびつて、草樹くさきをしるべに、つとをかさねてかへつたのでございます。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
かつ河陽かやう金谷きんこく別莊べつさういとなむや、花果くわくわ草樹さうじゆ異類いるゐ禽獸きんじうひとつとしてあらざるものなし。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)