“列席”の読み方と例文
読み方割合
れつせき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くりみんなでつてめやう、都合がよければ小六列席するがからうといふのがれる言葉であつた。二人になつたとき、御米宗助
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
列席各員著者簡單演述した大地震前徴につき詳細説明められ、滿足見受けた。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
言渡され別けて善右衞門には惡者松五郎欠落中未だ行衞分らざる由につきね申べきむね嚴重に仰付られしかば憑司はたゞ恐れ入てぞ居たりけるの如く追々調べ相しに付一同口書爪印仰付られ享保十二年二月二日一同呼出しに相成の如く役人列席大岡殿夫々の次第申渡されたり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)