“みじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
81.2%
12.3%
4.5%
0.6%
見惨0.6%
身滲0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
卑屈になるなと云った男の言葉がどしんと胸にこたえてきて、いままでの貞女のような私の虚勢が、ガラガラとめに壊れて行った。
清貧の書 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
つて其方談判は、めからにしたがなかつた。小六からは時々手紙たが、めてかい形式的のものがかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
またこれほど手入れしたその花の一つも見れずに追ひ立てられて行く自分の方が一層のめな痴呆者であるやうな氣もされた。
子をつれて (旧字旧仮名) / 葛西善蔵(著)
マーキュ 猫王どの、九箇あるといふ足下つだけ所望したいが、其後擧動次第八箇くまいものでもない。
人間の罪悪と見惨めを見ない花野ではなくなったか——と、憮然としてしまった。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それが何時も斯うして身滲めな窮迫な思ひをしなければならないといふのは、只みのるの放縱がさせるであつた。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)