“まじか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
間近66.7%
目近33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたくしはよく間近まじかいわかじりついて、もだきにりました。
しかもそのうちふたつは間近まじかい、の一きゃくすこさがって背後うしろほうへ……。
目近まじかに坐っているのを見れば、色の白い、髪の豊な、愛嬌あいきょうのある女であった。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)