“はんもん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
煩悶84.3%
斑紋10.6%
反問2.6%
斑文1.5%
半文0.7%
返問0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼らも喧嘩をするだろう。煩悶するだろう。泣くだろう。その平生を見ればも凡衆と異なるところなくふるまっているかも知れぬ。
写生文 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
死体にはの毛で突いた程の外傷もなく、鬱血も、斑紋も、苦悶の跡も無いばかりでなく、毒物で殺したという疑も絶対にありません。
葬送行進曲 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
著者はこのとき反問して、はこの町家平家建つてゐるかといつてみたが、該學生眞相了解したのは、其状況暫時熟視したのことであつた。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
なぜなら EL のEは、Fの見誤りで、次にあるDの字は、腐肉に現われた自然の斑文
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
一生箱入りらしくらさせんとにや、さすれば此歌無心きたるものにて半文價値もあらず、この優美のあとはとしても破廉耻にはあらじ
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
左様さ、ず日本一の大金持になって思うさま金を使うて見ようと思いますと云うと、兄が苦い顔してったから、私が返問して
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)