“はす”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハス
語句割合
54.6%
41.6%
1.3%
蓮根0.9%
0.3%
埃及蓮0.3%
荷葉0.3%
蓮華0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大きな赤い口で、歯は茄子色につやつやしていた。洗い髪がふっとふくれて、浴衣に博多の細帯をくいちがうようににまいていた。
おそらく、姉も城下の獄にれているのであろう。そうなれば、姉妹ひとつだと思う。どうしてもない一命とすれば、せめて
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の花の精でございます、貴郎が情の深いことを知りましたので、こうしてお眼にかかることになりましたが、私はさんの世話になっております、舅さんは非常に物堅い方ですから
荷花公主 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
赤飯小折箱を、一つずつ持って、煮しめ蓮根や、芋を、指で、んで食いながら「御嘉酒」で、赤い顔をした兵が、年暮の市中へ、あふれて出た。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
取換し如何成れば姉妹二人斯る苦界に沈みしぞ父樣には私の身の代金の爲に人手に掛り果て給ひ母樣には麹町におるとの事成れどなどかには來給はぬぞ手紙を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
金髪ニンフを埃及蓮の中にて、接唇しました彼等です。
荷葉なかば誰にゆるすの御句御袖片取るわかき師の君
みだれ髪 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
だから極楽に生まれ、浄土へ行っても、自分独りが蓮華安座して、迦陵頻伽なる声をききつつ、百飲食に舌鼓を打って遊んでいるのでは決してありません。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
くと、スウと細く、果はの糸のようになって、此世を離れて暗い無限へ消えて行きそうになる時のさ便りなさは、聴いている身も一緒に消えて行きそうで、早く何とかして貰いたいような
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)