“しょうすい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ショウスイ
語句割合
憔悴80.4%
将帥8.2%
憔忰3.1%
小翠1.0%
悄悴1.0%
憔衰1.0%
漳水1.0%
漿水1.0%
焦瘁1.0%
焦遂1.0%
(他:1)1.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二三日の間に憔悴しょうすいのあらわれた顔を新道へ向け、その長い道の上にちょこんと滑稽に干されている仏壇を眺めていたが、
播州平野 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
そして、思いなしか、眼の光にも曇りが出来て、何となしに憔悴しょうすいした表情がこの人の全外容に表われているのであった。
雑記(Ⅱ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
その絵はどれもこれも、昔の勇士や、ギリシアの将帥しょうすいたちの全身像の銅版画ばかりであった。
全軍の信頼をつなぐに足る将帥しょうすいとしては、わずかに先年大宛だいえんを遠征して武名をげた弐師じし将軍李広利りこうりがあるにすぎない。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
数日、陽の目を見ず、ここに坐ったきりなので、色はよけいに白く見え、心もち憔忰しょうすいして、日頃の美貌が、よけい凄愴せいそうえて見えた。
夏虫行燈 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
判官ほうがん殿には、病中と仰せあって、なかなかお会い下さいません。遂に、って御威光を以て、お目通りしましたところ、きゅうなどすえておられ、御顔色も憔忰しょうすいの態に見うけられましたが、一日食わず、一夜眠らず、灸などすえれば、病態は作られまする。
日本名婦伝:静御前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
女は自分達の姓は、少女の名は小翠しょうすいで、年は十六であるといった。
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
まず、あの怪青年の顔だ。あんなに特徴のある立派な顔は、珍らしいと思う。あれで悄悴しょうすいしていなかったら、貴人きじんの顔だよ。それから例の心霊実験会だ。遂に一語いちごかなかった怪青年と落付いてしゃべっていた曽我という男との間に、ほのかに感ぜられる特殊の関係、それにあの不思議な実験だ。
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
酒井は酒井で憔衰しょうすいした元気の無い顔を曇らせては矢張り遠くから私達の様子をじっと眺めて居るのでした。
温室の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もし呉を平げたあかつきには、かの漳水しょうすい殿楼うてな——銅雀台どうじゃくだいに二女を迎えて、共に花鳥風月をたのしみながら自分の英雄的生涯の終りを安らかにしたいものだと、今なお心に夢みているのだった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だが、小樽や札幌のトマト畠が果してどうした香気の風景であるか。その漿水しょうすいの発散は、光線の層積は、まだ私の目には浮んで来ない。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
そこで謡を誰が代りに謡ったか記憶しないが下曲を終り、ワキとの懸合かけあいに入ると、やっと朔造氏が気息をつくろって顔色蒼然たるまま謡い出し、山伏舞を勤め終ったが、その焦瘁しょうすい疲労の状は見るも気の毒な位であった。
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
李適之りてきし汝陽じょよう崔宗之さいそうし蘇晋そしん張旭ちょうぎょく賀知章がちしょう焦遂しょうすい、それが杜甫と李白とを入れ、八人の団体が出来上ってしまった。
岷山の隠士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その後曹操が十歳で譙水しょうすいに浴して蛟を撃ち退け、後人が大蛇に逢うて奔るを見て、われ蛟に撃たれて懼れざるに彼は蛇を見て畏ると笑うた。