“やせ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヤセ
語句割合
72.1%
14.8%
八瀬9.8%
矢背0.8%
憔悴0.8%
蒲柳0.8%
野洲0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「云いました。たとい浪人の母として、世を細々としのごうとも、お許のごとき悪逆の手先にわが子を仕えさすことはなりませぬ」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もう一ツ小盥をねたのを両方振分にして天秤で担いだ、六十ばかりの親仁さらぼい、枯木に目と鼻とのついた姿で、さもさも寒そう。
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
羅生門と云う芝居を見ると、頭に花を戴いた大原女が、わたしは一条大宮から八瀬へ帰るものでござりますると云う処があったが、遠い昔
田舎がえり (新字新仮名) / 林芙美子(著)
馬琴の『蓑笠両談』二に、丸山応挙に臥猪の画を乞う者あり。応挙いまだ野猪の臥したるを見ず心にこれを想う。矢背に老婆ありを負いてに応挙が家に来る。
さて、応挙まことに画の妙手で、矢背まで出掛ける熱心んなれど写した所が病猪と気付かず。またよく長常の彫り癖を暗記したがその悪い癖たるを識らず。人智誠に限りありだ。
皮肉変色憔悴れ黄ばんだので、仏目蓮をして二竜を調伏せしめた(『根本説一切有部毘奈耶』四四)。
上外套を着ながら、なお蒲柳の見える、中脊の男が答える。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
たとえば、野洲郡と甲賀郡の嘆願組が合流して水口に廻ろうとすると、栗田郡の庄屋が戸田村へ出揃って来る。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)