“判事:はんじ” の例文
“判事:はんじ”を含む作品の著者(上位)作品数
エクトール・アンリ・マロ1
国木田独歩1
尾崎紅葉1
“判事:はんじ”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)15.4%
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
判事はんじが子どもをれて寺へはいったどろぼうの捕縛ほばくを待つために、わたしはとうとう放免ほうめんされなかった。
諸機械しよきかい輸入ゆにふ商会しやうくわいもの一人ひとり地方ちはう判事はんじ一人ひとり
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
其一人そのひとり法學士はふがくしとなつていま東京地方裁判所とうきやうちはうさいばんしよ判事はんじをしてます。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
看守かんしゅが食べ物を持って来たとき、わたしは判事はんじの前へ出るのは、手間がとれようかと聞いた。
矢張やはり書籍ほんからうぢやないか』と判事はんじこたへた。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
PR