“人車鐵道”の読み方と例文
読み方割合
じんしやてつだう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小田原まで入口までると細雨りだしたが、それもりみらずみたいしたもなく人車鐵道發車點いたのが午後何時
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
小田原から人車鐵道は一湯原きたいのできな小田原半日るほどのて、電車からりて晝飯るや人車つた。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ところが小田原から熱海までの人車鐵道喇叭がある。不愉快千萬な交通機關鳴物いてるけで如何けてるとは自分つてたところである。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)