“七福神”の読み方と例文
読み方割合
しちふくじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文晁の絵は七福神如意宝珠の如き趣向の俗なるものはいふまでもなく、山水または聖賢の像の如き絵を描けるにもなほ何処にか多少の俗気を含めり。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
尾張・三河の方面では三月のの節供の日に、やはり米の団子をもって鶴亀七福神までも製作した。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
黒縮緬羽織足袋跣足盲縞腹掛股引ある七福神模樣りたる丈長刺子たり。これは素跣足入交ひになり、引違ひ、立交りて二人とも傍目らず。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)