“へんぴ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
辺鄙86.4%
邊鄙4.8%
偏僻3.2%
偏鄙2.4%
辺僻1.6%
片鄙0.8%
褊裨0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つまり辺鄙の地に稀に行われて居るので大抵はそういう事はしない方が多いのです。どうか憎まれでもするとそういう事をやられる。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
これなん當時國色大將軍梁冀孫壽夫人一流媚態よりでて、天下く、狹土邊鄙びたる
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そこで鈴川主水は義弟の佐野松と、愛弟子の杵太郎と、下男の猪之松だけを從へ、偏僻な千駄木螢澤に隱れて、再び芽の出る日を待つてゐたのでせう。
本社との聯絡くなれば、弊害の次第に激化するのも当然であるが、それが官権によって制御せられず、実際にまた偏鄙の土地であるだけに、悪いたくらみを働かすほどの誘惑もなく
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
飛騨のある山家辺僻に勤務した事があって、深い谷陰、高い崖に煙草の密造をする奴をべに行ったのじゃね。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
豆腐も駄菓子もくるみに売っている、天井にした蕃椒の方が、よりは真赤に目に立つてッた、びた店で、同然のに、山家片鄙はおりの石斑魚煮浸
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
大臣大連これが褊裨たり。いまだかつて別に将帥を置かざるなり。あにまたいわゆる武門武士なる者あらんや、といいしごとく、吾人わが王朝の歴史においてこれを見るなり。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)