“なじみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
馴染95.2%
昵懇1.8%
狃染1.0%
三回0.3%
三回目0.3%
0.3%
狃除0.3%
知人0.3%
知己0.3%
親近0.3%
面識0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
話し手の方の青年は馴染のウエイトレスをぶっきら棒な客から救ってやるというような表情で、彼女の方を振り返った。そしてすぐ
ある崖上の感情 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
彼は今日まで、俗にいう下町生活に昵懇も趣味もち得ない男であった。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
剥げた八寸膳の上に薄汚ない茶碗が七ツ八ツ……それでも夏は海から吹き通しだし、冬の日向きがよかったので、街道通いの行商人なぞがスッカリ狃染になっていた。
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)
二回にはやはり玉琴の客と一緒に来た。三回を過ぎてからは一人でたびたび来るようになった。
箕輪心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
その次の夜には三回目を付けた。三回目の朝には八橋が大門口まで送って来た。三月ももう末で、仲の町の散る花は女の駒下駄の下に雪を敷いていた。次郎左衛門もその雪を踏んで、一緒に歩いた。
籠釣瓶 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そこへ矢島玄碩の二女、優善の未来の妻たる鉄が来て、五百に抱かれて寝ることになった、蜾蠃の母は情をめて、のない人の子をしはぐくまなくてはならなかったのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
アトは丸山にて貴様の狃除をば喜ばしょうと思うに、要らん事に全快なったりして俺達をば非道い眼に合わせる。捕らぬ狸の皮算用。夜中三天のコッケコーコーたあ貴様が事タイ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ハテナ、近所のに貸た銭でもあるかしらん。知人も無さそうだし、貸す風でもねえが。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
その後は和田の岬より古き親近の金剛信貴生駒の諸山に別れてただ我が一心を主として行くこととなりました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
しかしこう申してはいかがでございますが、私にはどうしても浅日のお面識の方とは思えませんよ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)