“かへい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
寡兵44.4%
花瓶25.0%
貨幣11.1%
嘉平8.3%
加平5.6%
花柄2.8%
華瓶2.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今まさに秋とて匈奴の馬は肥え、寡兵をもってしては、騎馬戦を得意とする彼らの鋭鋒にはか当たりがたい。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
花屋へ這入って、大きな白百合の花を沢山買って、それを提げて、宅へ帰った。花はれたまま、二つの花瓶に分けてした。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
村の銀行金庫からも、ちょうど片手でつかめるほどの金貨と、紙できちんといた貨幣とが、ふいに空中いあがり、おどろく行員をしりに、ふわふわとんで銀行をでてゆき
参宮帰りに海賊船に乗ったのは豊橋某町の山村と云う豪家の親子で、父親は嘉平と云い忰は嘉市と云っていた。
参宮がえり (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
加平は道に出ていって、南をみたり北をみたりして「パンクのくる」のを待つのだった。
空気ポンプ (新字新仮名) / 新美南吉(著)
いいえ心配ありません。酒があんなに湧きあがり波を立てたりになったり花弁をあふれてれてもあのチュウリップの花柄一寸もゆらぎはしないのです。さあも一つおやりなさい。
チュウリップの幻術 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
帳台の四方のを皆上げて、後ろのほうに法華経曼陀羅を掛け、銀の華瓶に高く立華をあざやかにして供えてあった。仏前の名香には支那の百歩香がたかれてある。
源氏物語:38 鈴虫 (新字新仮名) / 紫式部(著)