“嘉市”の読み方と例文
読み方割合
かいち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
参宮帰りに海賊船に乗ったのは豊橋某町の山村と云う豪家の親子で、父親は嘉平と云い忰は嘉市と云っていた。
参宮がえり (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
山の倉庫に於て醤油、酒四樽の紛失、これがロ兵の所業なることは侵入個所のにかかれるラシャにて明瞭なれば出納局の小使嘉市、長吉のほか、重助、亀太郎、土人ユウトル、又近
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)