“日暮崎”の読み方と例文
読み方割合
くれのさき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また大蛇灘いて、めぐつて、八雲崎日暮崎鴨崎御室烏帽子岩屏風岩剣岩、一つ一つ、ち、が、したく、やがては、巨匠名工の、鑿鏨
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ふ、東向うに、日暮崎御室んで半島真中よりつて巌壁一千紅日め、夏霧めてに、山肌く、密樹緑林かに
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)