“日暮時”の読み方と例文
読み方割合
ひぐれどき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ずっと昔の或る夕方のこと、フィリーモン爺さんと、そのおかみさんのボーシス婆さんとが、彼等の小さなおの戸口に坐って、静かな、美しい日暮時を楽しんでいました。