“日暮過”の読み方と例文
読み方割合
ひくれすぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見せ是を質に入れたれば小百兩はさうなものなりといひければ彦兵衞大いにび當分御入用なくば御貸下さるべし用辨次第早速御返し申さんと日暮過に右の品々を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)