“日暮紋三”の読み方と例文
読み方割合
ひぐれもんぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ガラスの割れた門燈が「日暮紋三」という表札を照らしていた。これが伴天連爺さんの本名なのである。
悪霊物語 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)