“日暮狭暗”の読み方と例文
読み方割合
ひぐれさぐれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一郎が夢のおを受けて石切場に行ったら、巻物が高岩の蔭に置いてあったんだとか、その時がちょうど日暮狭暗逢魔だったとか云ってね……又、そんな迷信を担がない連中は
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)