“新陳代謝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんちんたいしゃ50.0%
しんちんたいしや50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ああ物質新陳代謝よ。しかしながら不死代替て、自分むるとうことは臆病ではなかろうか。自然において無意識なる作用は、人間無智にもっている。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
冷却して飛散するとすれば、高尚なる智力へたる人間を、虚無より造出すの必要はない。してるがくに、粘土する必要い。あゝ物質新陳代謝よ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)