“心頼”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こゝろたの33.3%
こゝろたのみ33.3%
こゝろだの33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“心頼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其処そこではじめのうちわれともなくかねきこえるのを心頼こゝろたのみにして、いまるか
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
申す迄もなく、只だ貴所あなた御指揮ごさしづをと其れのみ心頼こゝろたのみで御座いましたものを
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
まさしくひしを心頼こゝろだのみにるまじきこととはおもへども明日あす日暮ひぐれたずくるまばせるに
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)