“大額”の読み方と例文
読み方割合
おおがく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちかけた額堂の欄間には、琵琶を抱いた蝉丸の像や、関寺小町の彩画や、八鳥瞰大額などが、胡粉雨露の気をただよわせ、蜘蛛の巣のにかけられてあった。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その外家元門弟中より紅白縮緬の天幕、杵勝名取男女中より縹色絹の後幕、勝久門下名取女より中形縮緬の大額親密連女名取より茶緞子丸帯の掛地木場贔屓中より白縮緬の水引が贈られた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
史館の大額の下には、次のような館則が、壁に貼ってあった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)