“善知鳥”の読み方と例文
読み方割合
うとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青森の親元へ沙汰をする、手当薬療、息子の腰が立つと、手が切れた。むかいに来た親は、善知鳥、うとうと、なきながら子をくわえてってく。
開扉一妖帖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二ではの「善知鳥」など、三では「阿漕」、「鵜飼」など適例である。幽靈して全體性質陰氣で、いものである。相貌なども人間大差はない。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
を善くして、「外浜画巻」及「善知鳥画軸」がある。剣術は群を抜いていた。壮年の頃村正作のびて、本所割下水から大川端までの間を彷徨して辻斬をした。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)