“二三年”の読み方と例文
読み方割合
にさんねん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ではび、もとのし、つてる。暴風雨二三年引續いて、兩方無數椋鳥れてた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
研究者次第増加優秀學者出來たので、最近二三年ては此方面にも次第びてて、今日では最早れてゐようとははれない。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
……二三年んでた、書生さんの質實から、實驗談かされたのである。が、ぎるとつた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)