“ひとあし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一足41.9%
一歩38.0%
人足15.6%
一脚2.2%
人脚1.1%
人跫1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その折、一足れて着いた俥から矢張り私ぐらいの青年が下りた。服装も私と同じように和服の袴穿きで、腰に手拭をぶらさげていた。
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
指頭も、足尖も、感じがなくなった。何処も一様に真白になって、もう一歩も踏み出すことが出来ぬまでに四辺が分らなくなった。
越後の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
皚々たる雪夜りはなけれど大通りは流石人足えず瓦斯燈皎々として、をさす寒氣へがたければにや
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
広栄は一脚ぴょいと進んで、そのままんで白木の台に向って拝礼をはじめた。そして、ちょっとの間合掌していてから起きた。起きて長櫃の方へ眼をやった。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
同時に、どやどや往来する人脚に乱れて二人は、もう並んではいません。私と軽いになって、立停りましたので。……何の秘密も、不思議もない。——これが約束をした当日の同伴なので。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
やがて人跫が近づいて来る。そして静かにふすまが開いた。彼からものをいわぬうちに光春のほうで
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)