“てのひら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
93.5%
掌面2.4%
手掌2.0%
掌上0.8%
掌中0.4%
手平0.2%
掌手0.2%
掌裏0.2%
掌裡0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
狐のような顔が歪んで、泣き出したいような表情になるのを、伊助は自分ので、よく禿げた頭の上から、ツルリと撫で下げました。
墨西哥犬は君達の掌面に載るやうな可愛らしい奴だが、俺達は何でも大きいのが好きだから小さい方で世界第一なんぞは余り下らんナ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
いて初夜ぐるほひより、氣候がゆるんだとふと、手掌ほどあらうといふ、牡丹となづくるが、しと/\としもあらず降出して
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「これこれ、たそんな意地汚なをする」と静かに膝へ抱取って掌上へ菓子を取って喰わせながら
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
地主は掌中の籾をあけて、復た袖口を掻き合せた。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
時には手平ほどしかない広さに、一家族で生えているのを見ることもあれば、時には放牧場全体を真白にするくらい大きな社会をつくって、お互に元気をつけ合って
そう言って尾田に掌手に載せた義眼を示した。
いのちの初夜 (新字新仮名) / 北条民雄(著)
とて掌裏にて汗を拭いたり
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
で、其果をまず第一に主人からしてちょいと右の手でつまんで何かを言いながら空中へ三度ばかりばらばらとき、そうして其果の幾分を自分の掌裡に取って喰うのです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)