“しもすは”の漢字の書き方と例文
語句割合
下諏訪100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝早く新宿から出発して下諏訪でも上諏訪でもいゝ、兎に角その日に霧ヶ峰へついて了へば、たとひそこに一泊したにしても、翌日の午前中は秋晴れの山といふ訳にはいかないにしても
霧ヶ峰から鷲ヶ峰へ (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
下諏訪ると、七八田螺きさうな、娑婆氣商人風のがらして、ばら/\とつてた。一人、あの、二人へ、ましてけたがあつた。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
へ申けるは徳川と名乘せ給ふにはめて仔細ある御方なるべし事は信濃國諏訪の者にて遠州屋彌次六と申し鵞湖散人また南齋とも名乘候下諏訪旅籠屋渡世仕つれり若も信州邊へ御下りに成ば見苦くとも御立寄あるべし御宿仕らんと云にぞ寶澤は打點頭
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
企てるには金子しくては大事成就覺束なし第一に金子の才覺こそ肝要なれ其上にてらふこそあれ各々の深慮は如何と申ければ天一坊進出て其金子の事にて思ひ出せし事あり先年九州へ下りし藝州宮島にて出會し者あり信州下諏訪旅籠屋遠藤屋彌次六と云ふ者にて彼は相應の身代の者のよしし事も有ば此者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)