“魚鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎょちょう40.0%
ぎよてう40.0%
うをとり20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四大盤といって東坡肉やら海参やら鴿のようなものを盛ったのが四色、四点心といってこれは魚鳥や豚の肉と野菜とを固めたような料理が四色
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
じぶと料理あり。だししたぢに、慈姑生麩松露など取合はせ、魚鳥をうどんのにまぶして煮込み、山葵吸口にしたるもの。近頃頻々として金澤旅行する人々その調味す。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
辻売る処売物台架もみな雪にて作る、是を里言にさつやといふ。○獣狩追鳥。○積雪寒威ぐ。○山間の雪を以て魚鳥擁包おけば敗餒ず。