“自由自在”の読み方と例文
読み方割合
じゆうじざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もこれは地上いて申上げることで、肉体ててってからの霊魂とは、むろん自由自在じたのでございます。
甚兵衛のとおり、「歩いたり、歩いたり、……ったり、ったり、……んだり、ねたり」などといって、自由自在に人形を使っていますうち、つい調子にのって
人形使い (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
答『竜神にとりて、一緒む、まぬは問題でない。竜神生活自由自在人間のようにしも場所などにはられない。』