“大自在”の読み方と例文
読み方割合
だいじざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるに一度この器械的の労力が金に変形するや否や、急に大自在神通力を得て、道徳的の労力とどんどん引き換えになる。そうして、勝手次第に精神界が攪乱されてしまう。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「あの鑿と槌の使い方を見たまえ。大自在の妙境に達している」と云った。
夢十夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
大胆は道義を蹂躙して大自在跳梁する。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)