“海馬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かいば75.0%
せいうち12.5%
セイウチ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
海馬の噴水の横から道をくともう白に赤の細いを取つたリラの店前の張出した日覆が、目の前でぱたぱた風に動いて居ました。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
たとえば流氷のようなものでも舷側で押しくずされるぐあいや、海馬が穴から顔をだす様子などから、その氷塊の堅さや重さや厚さなどが、ほとんど感覚的に直観される。
映画雑感(Ⅰ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
なお一層下って千分の一より一万分の一の間には海馬、鯨、海鰻章魚などがひかえている。
話の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)