“實否”の読み方と例文
新字:実否
読み方割合
じつぴ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それが即ち小幡の近所に住んでゐたKのをぢさんで、をぢさんは旗本の次男であつた。その噂を聽くと、すぐに小幡の屋敷に押掛けて行つて、事の實否を確めた。
半七捕物帳:01 お文の魂 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
見られし所如何樣にも篤實はれ勿々人を殺し盜賊をする者にあらずて吟味する時は裁許を破り殊に郡代の不詮議と相成事なりとて人一人たり共無實ふは大事なれば先々實否
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
よもやとへどしくならばとせん實否くはしくきたしとへどむるつまりて應答やらうろうろになりぬおさまゆるりなされりまするそれよりはおけたきもの往日せし祕藏畫帖イエおさまに御覽るゝにめられこそすれとして小言くことでは
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)