“人一倍”の読み方と例文
読み方割合
ひといちばい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、一夜あけて、つてもらない。不斷そんなしだらでないさんだけに、女房人一倍心配した。
夜釣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
正直だから、猛狒退治手柄話勿論自分大失策をも、人一倍大聲でやツて退けた。
……案内者はれるものが、らない道案内たとふもかのふ。人一倍精出してさうからかにめ、と頼母しくつて、すぐに下階りた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)