“一門”の読み方と例文
読み方割合
いちもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてそこにたくさんんでいるの木を平家一門見立てて、その中で一ばん大きな木に清盛というをつけて、さな木太刀でぽんぽんちました。
牛若と弁慶 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
この諸平のゐた時分に、近世でもっとも名高香川景樹といふ歌人京都にゐました。非常上手評判があり、門人く、その一門えてまでもいてゐるほどのでありました。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
も、「そらた。」というなり、三毛猫虎猫黒猫白猫、ぶち、きじ、どろぼうやのらまで、これも一門らずをとぎそろえてかっていきました。
猫の草紙 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)