“ワラ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:わら
語句割合
25.0%
25.0%
25.0%
25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
超人ケル小心恐々イナガラ厳粛ノコトヲレ、ト秀抜真珠哲人ンデ自責狂死シタ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
出稼人根性ヤメヨ。カツイデ見事帰郷被告タル酷烈自意識ダマスナ。ワレコソ苦悩者刺青カクシタ聖僧。オ辞儀サセタイ校長サン。「編輯長チタイワレマイ努力
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「衆人熙々トシテ大牢ヲ享クルガ如ク、春、臺ニ登ルガ如シ。我獨リ怕兮トシテ、嬰兒ノ未ダハザルガ如ク、レテ歸スル所ナキガ如シ。俗人昭々トシテ我獨リキガ如ク、俗人察々トシテ我獨リ悶々タリ。……」
かめれおん日記 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
尠くとも、彼の舞台に唆られた覚えのある同年輩の浪花びとの中には、この心を知つてはぬ者もあるだらう。
予モ君モ共ニ漢朝ノ臣タリ、マタ民ヲンズルヲ以テ徳トシ任トスル武門ノ棟梁デハナイカ。仁者相争ウヲッテカ天ハ洪々ノ春水ヲラシ、君ノ帰洛ヲ促シテイル。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)