“ゆが”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
90.9%
5.9%
瑜伽1.3%
1.0%
湯掻0.6%
0.2%
歪曲0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手紙の文句はプツリときれてをりますが、その意味は邪念に充ちて、い假名文字までが、ひと怨みに引きめられてゐるのです。
お熊は四十格向で、薄痘痕があッて、小鬢禿があッて、右の眼がんで、口がらかッて、どう見ても新造面——意地悪別製の新造面である。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
他目にもあるまじき君父の恩義惜氣もなく振り捨てて、人のり、世の笑ひを思ひ給はで、弓矢とる御身に瑜伽三密のは、世の無常を如何に深く觀じ給ひけるぞ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
それから此上もなく光沢のある真珠の歯が、紅い微笑の中にきらめいて、唇のむ毎に、小さなが、繻子のやうな薔薇色のうつくしい頬に現れる。
クラリモンド (新字旧仮名) / テオフィル・ゴーチェ(著)
「いま帰ったよ。……さぞ心細かったであろう。嬰児はあれきり眼をさまさなかったか。……待て待て、さっそく、葛粉湯掻いてやるからの」
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうして、彼女の影を踏みながらその後から従った。大兄の顔はんで来た。彼は小石を拾うと森の中へ投げ込んだ。森は数枚の柏の葉から月光を払い落していた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
しかし宿禰はひとり、ますます憂慮にんだ暗鬱な顔をして、その眼を光らせながら宮の隅々をさ迷うていた。第六番目の乙女が選ばれて立った。人々は恐怖を以て彼女の身の上を気遣った。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
かき入れなしの磨硝子に、鉢から朝顔の葉をあしらって夕顔に見せた処が、少々歪曲んでせたから、胡瓜に見えます、胡瓜に並んで、野郎が南瓜で……ははは。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)