“ねば”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ネバ
語句割合
93.3%
粘着1.9%
1.9%
寝脹1.0%
根生1.0%
根蔓1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夫人の最後の夫ジョルジュには夫人はまだ未練があるようだ。そのせいかジョルジュの話をするときに夫人は一番新吉にりつく。
巴里祭 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
外国米の御飯ならば裏漉に掛けられますが日本米の御飯は一旦煮るとかるとかしないと粘着いて裏漉しに骨が折れます。ジャガ芋なんぞでも日本のは大層粘着力が強いようです。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
るやうになるとおつぎは粘土をこすりつけて、ぬぎになつた黄色まつた井戸ふのである。さうしてのふつさりとしたは二は三くやうにつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
血の気の少ない寝脹れた顔をし、低い額をし、息をするために口を開き、ふくれつき出たのような口つきをしていて、今は美しくないことを知っている。
依然両手を広げたまま、地から根生えた樫の木のように、無言の威嚇を続けていた。脈々としる底力が、甚内の身内へ逼って来た。強敵! と甚内は直覚した。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)