“しようじよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
床上33.3%
掌状16.7%
清淨16.7%
猩々16.7%
蕭条16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は三度び、床上に跳りぬ。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
針葉樹にもまつとひのきの大變つてゐますし、濶葉樹にもあをぎりのようなきい、もみぢののように掌状かれた、やなぎのように細長があります。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
れほどの物好きなれば手出しを仕樣ぞ、邪推大底にしていてれ、あのならば清淨無垢潔白だと微笑んで口髭らせふ。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
一匹の猩々が獰猛な力をもつて二人の婦人を惨殺してしまつたのだ。
霓博士の廃頽 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
村落は悲しげに寄り合ひ、蕭条たる山ので、人間の孤独にふるへてゐる。そして真暗な夜の空で、もろこしの葉がざわざわと風に鳴る時、農家の薄暗い背戸に、かすかに蝋燭の光がもれてゐる。
田舎の時計他十二篇 (新字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)