“濶葉樹”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かつようじゅ87.5%
かつようじゆ12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“濶葉樹”を含む作品のジャンル比率
産業 > 林業 > 林業(児童)100.0%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.1%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
踏みあばいて行く川のほとり濶葉樹かつようじゅつづきの森林に、彼らはふと、黒々と見える常緑の水松おんこを発見した。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
濶葉樹かつようじゅの大木が道のあきまで茂り合っている辻の曲り角までその一騎が来かかった時、つと木陰から往来へ躍り出て、
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(ロ)濶葉樹かつようじゆぞくするものは、さくら、もみぢ、やなぎ、あをぎり、くり、かし、しひ、くすなど
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
はやし一變いつぺんしていままでの濶葉樹かつようじゆきゆうすくなくなり、常緑針葉樹じようりよくしんようじゆことにもみるいこみつが
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)