“常緑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じようりよく50.0%
じょうりょく50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なほ針葉樹であつて常緑(まつ、すぎ)を『常緑針葉樹』といひ、代濶葉樹であつて常緑(かし、くす)を『常緑濶葉樹
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
い/\は、この一帶暖帶林上部から温帶林下部する樹木、すなはち常緑濶葉樹落葉樹でおほはれてゐたのです。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
このセキショウはショウブ属(Acorus)のものではあれど、ずっと小形な草で溪間に生じている常緑宿根草であって、冬に葉のないショウブとはだいぶ異なっている。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)