“ぐわいぶん”の漢字の書き方と例文
語句割合
外聞100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「言ひませう、親分、耻も外聞ぐわいぶんも、娘が生きてゐるうちの事だ、——實は、あの大根畑の植木屋の伜で、專次といふのが——」
しまひには泣出なきだすと、外聞ぐわいぶんもあり、少焦すこぢれで、医者いしや可恐おそろしかほをしてにらみつけると
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)