“關所”の読み方と例文
新字:関所
読み方割合
せきしよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて、合方もなしに、落人は、すぐ横町有島家つた。たゞで關所ではないけれど、下六同町内だから大目く。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
むる者の心得は萬事の如し此事我々のにある時は自然面倒なりとて他人の物にても錠前よなど云事なしとも云難にも錠前を破るは關所
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
こめつ可笑しく面白がたりながらみがちなる心根いぢらしくも氣遣はしくれぬりにこれもつの關所なり如何にしてかえらるべき如何にしてかるべきおとりあげず化粧もせずひし紅白粉
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)