“紫縞”の読み方と例文
読み方割合
むらさきじま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
してない八畳真中に、双六巌たと紫縞座蒲団二枚対坐えてつたのを一目ると、天窓からびたやうに慄然とした。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
……勿論もせず、枕元紫縞のをらして、落着かない立膝くともますと、谿河がざつとくのが、ちた、れた、打当てた、けた、だ——とこえる。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)