“洗濯:せんだく” の例文
“洗濯:せんだく”を含む作品の著者(上位)作品数
薄田泣菫2
ルイス・キャロル1
森鴎外1
“洗濯:せんだく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)10.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「いかゞでございませう、このお品では。それからお洗濯せんだくなさいますうち別のがお入用いりようだと存じますが。」
亭主が苦情を言いに来た処が、もう洗濯せんだくをしてもい頃だと、あべこべに叱って恐れ入らせたそうだ。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
それは英国の洗濯せんだく屋アアサア・ペツパアといふ男の一人娘の名前で、附けも附けたり、
むかし雄略天皇は狩のみちすがら三川に洗濯せんだくをしてゐる田舎娘を御覧になつて、「顔立かほたちのいゝ娘ぢや、大宮に召し抱へよう」とお約束になつた事があつた。
『そんなら洗濯せんだくは?』と海龜うみがめひました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
それから洗濯せんだく——其他そのた
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)