“国防婦人”の読み方と例文
読み方割合
こくぼうふじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
出征は、○○から、徳蔵さんは、出発したのです。兵隊さんをせた汽車ると、国防婦人制服たちは、線路のそばにんで、りました。
とびよ鳴け (新字新仮名) / 小川未明(著)
国防婦人制服たちが、さなって、調子わせてっていました。戦闘帽った青年が、元気いっぱいにきなで、音頭っていました。
とびよ鳴け (新字新仮名) / 小川未明(著)
ちがったしいに、汽車くと、そこは入隊する兵士見送りで、構内がにぎわっていました。上衣国防婦人のたすきをかけた婦人たちがたくさん、かよりました。
汽車は走る (新字新仮名) / 小川未明(著)