“吾知”の読み方と例文
読み方割合
われし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だからこの変化の強く起ったどい瞬間に姿を現わして、その変化の波を自然のままにげる役を勤めたお延は、吾知らずけものをしたのと同じ事になったのである。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
にまだ世間には売物にないと結構なお下物でせうだか名も知らない美味物許なんで吾知らず大変つちまひました、ゆゑ何方様へも番附らずにつたので
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
肋骨材等諸般構造め、また千變萬化なる百種機關説明いたは、んど人間かとはるゝばかりで、吾知らず驚嘆叫聲するなかつた。