“今日吾知免”の読み方と例文
読み方割合
こんにちわれめんをしる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日吾知免亦将騎鶴遊上帝賚殊命使爾永相休。」「年浪のたち騒ぎつる世をうみの岸を離れて舟でむ。」石居は酒井石見守忠方の家来屋代某のって、三子二女を生ませた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)